市政記念館、北吸隧道が国の登録有形文化財に

 国の文化審議会は5月17日、「舞鶴市政記念館」と「北吸隧道」を国の文化財建造物として登録するよう文部科学大臣に答申しました。市政記念館(煉瓦造2階建)は、明治35年に建築の旧海軍兵器廠予備艦兵器庫として建設され、戦後は市役所庁舎としても使用、平成6年にはリニューアルされ多目的ホールや歴史展示コーナーなどに利用されています。また、北吸隧道(煉瓦造、延長110m)は、明治37年に軍港引込線トンネルとして建設され、昭和47年の廃線後自転車道として親しまれています。これで市内の赤れんが建造物の指定・登録は、市指定文化財の赤れんが博物館、国登録の神崎ホフマン窯を含め4件となりました。
 久しぶりの明るい話題で、市内には同様の赤れんが建造物が多数残っていることから、今後のさらなる登録等の手続きや、転活用につながればと考えています。
舞鶴市政記念館 多目的ホール
舞鶴市政記念館 多目的ホール
北吸隧道 昭和46年 福岡芳宏氏撮影
北吸隧道 昭和46年 福岡芳宏氏撮影