舞鶴ユネスコ協会文化賞を受賞
 このたび、赤煉瓦倶楽部舞鶴が、舞鶴ユネスコ協会文化賞を受賞しました。舞鶴ユネスコ協会(会長 福嶋正美氏)では、教育、文化、体育の分野で毎年優れた活動を行う団体、個人を表彰しており、今回赤煉瓦倶楽部の10年間にわたる各種活動を評価いただいたもの。受賞理由としては、舞鶴市内に残る赤煉瓦建造物の保存と活用について、市民意識の高揚と啓発を図るため、長年にわたり「赤煉瓦ジャズ祭」や各種フォーラムなど各種事業を行い、個性あるまちづくりに貢献された実績は顕著。特に「赤煉瓦サマー・ジャズ・イン舞鶴」は夏のイベントとして定着し、優れた芸術文化活動として本市の市民文化の向上に寄与したとなっています。