ホフマン窯の地元神崎立ち上がる!

 神崎地区4区及び神崎観光協会は、神崎ホフマン窯の競売報道を受け地元としての取り組みを検討されてこられましたが、神崎はもちろん、舞鶴・国にとって大変貴重である国の登録有形文化財を、自分たちの世代に失うことなく21世紀に引き継ぎたいとの思いから、これまで署名活動を進めてこられました。
 平成13年4月24日に、上野西神崎区長より、当会に対し、署名を添えて神崎ホフマン窯の保存に対する協力依頼がありました。
 この署名人総数は 493人で、地区別の内訳は以下のとおりです。
地 区 名 署名人数(人) 備  考
西神崎地区 239 窯所在地
東神崎地区 133
油江地区 38
蒲江地区 81
その他
493

 これまで、どちらかというと市内外の地元以外の者が、保存運動を展開してきましたが、ようやくホフマン窯のある地元住民が保存運動に立ち上がったことになり、当会として心強く感じています。
 現時点では、競売延期され、いつ競売の公告があるか予断の許さない状況と理解しています。そのため、新しい所有者が決まる前に保存運動を盛り上げたいと考えています。