赤煉瓦倶楽部舞鶴

京都新聞提供(平成4年5月2日付)

山下洋輔さんが作曲快諾
「赤れんが」ジャズに 市民らに披露


 今年8月、舞鶴市北吸の赤れんが倉庫群でコンサートを開くジャズピアニスト山下洋輔さんが、市内に数多く残る赤れんが建物をテーマにした曲を作り、当日披露することになった。
 コンサートを主催する「赤煉瓦ジャズ祭実行委員会」の馬場英男さんらが先月下旬、福島県喜多方市のコンサート会場に山下さんを訪ね、「赤れんがの曲を舞鶴から発信し、コンサートを盛り上げたい」と直接交渉した。
 快諾した山下さんは、昨年夏の同倉庫群でのコンサートを思いおこし、早速「舞鶴の倉庫の建造とジャズ発祥は、ほぼ同じ時期。しかも発祥地・ニューオリンズは舞鶴と同じ港町」と曲のイメージを膨らませていた、という。
 山下さんは、昨年夏のコンサートで、会場の赤れんがの雰囲気を気に入り、今夏出演も快く引き受けた。
 馬場さんは「世界を舞台に活躍する山下さんが舞鶴のために、どんな曲を作ってくれるのか、今から楽しみ」と、赤れんがの曲が倉庫群に響き渡る日を心待ちにしている。
 今夏のコンサート「サマー・ジャズ・イン舞鶴’92」は8月15、16の2日間。山下さんは自分のバンド「ニュー・トリオ」を率い、15日に出演する。
HOME すくらっぷINDEX