赤煉瓦倶楽部・舞鶴

煉瓦を積む時の基本的注意

 煉瓦を積む場合の基本的な約束ごとがあります。煉瓦と煉瓦をくっつける接着面(つなぎ目)を目地といいます。その縦方向の目地がまっすぐ通ってはいけないという原則なのです。煉瓦工事は下から一段ずつ積んでいくので、横方行の目地は当然水平に一本通ります。けれども縦目地は、上下の段で二段以上同じ位置に重なってはいけません。逆に言えば、縦目地の真上には別の一個の煉瓦が乗り、一つの煉瓦は二つ以上の煉瓦をまたぐように積まなければならないのです。上の重さを下方の煉瓦に分散して伝えるため、力を底辺に広げながら逃したいわけです。このような理由から、縦目地が通らないように煉瓦を積みます。縦方向に重なってしまう目地を芋目地といいます。一方芋目地ではない良い積み方に見られるジグザグ状の目地は破り目地といいます。ちょうど阿弥陀クジのように、行ったり来たりしながら折れ曲がった線になります。これが理想的な積み方なのです。


HOME BACK NEXT