神崎ホフマン窯保存に対するご意見、メッセージ7
 皆様からたくさんのメッセージをいただき、誠にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

 ホフマン窯が、新しいまちづくりの資源となるよう、舞鶴の皆様の保存に向けた健闘をお祈りします。
  横浜市 市民セクター支援研究所  小沢 朗
 
 全国的にも貴重な文化遺産、舞鶴神崎煉瓦ホフマン窯は舞鶴市の誇るべき文化遺産です。
 この際市が買い取ってでも保存ができないものでしょうか、今後益々歴史的にも評価される遺物です私どもの責任において次の世代に残したいものです。事務局の方々もご多忙とは存じますが一層のご尽力をお願いいたします。
  舞鶴市   矢谷邦雄

 国の有形文化財に登録された財産を後世に伝え残しておくのは国民の義務である。
 このような建物を壊す事なく、後世にも残してほしい。
  稚内市   阿部真司

 北の端、稚内でもそろそろ桜の季節を迎えようとしております。
 さて、このたびのれんがの街舞鶴を象徴する文化施設の存続危機を大変心配しております。
 文化行政が何か穴だらけのような気がします。理解のある方の手に渡って下さることを願っておりますが、地元行政も積極的に加わる必要があるのではと思います。
 がんばって下さい。
  稚内市  柏谷敦

 緑育って'95年に舞鶴にお邪魔して以来、"舞鶴ファン"を自認している者です。
 "赤煉瓦"をコンセプトとしたまちづくりは、東郷元帥にも縁がある英国ポーツマスとの交流の端緒ともなり、そこから英国風の"花のまち"運動も始まったと伺っています。
 こうした取り組みは、長く続ける必要があるものだと思います。
 経済的な事情もあるでしょうが、何とか、貴重な"ホフマン窯"を残せるよう応援しています。
  稚内市  中川善博

 東京にいて、ボンヤリと舞鶴を想うときがある。さまざまな風景が脳裏を去来するが、その代表的なもののひとつは北吸の赤煉瓦倉庫群である。大きくて単純でキュービックな倉庫の建物、そしてその広い壁面は温かい赤レンガ色で彩られている。雪でも積もっていると最高の風景である。日本海沿岸では希にみる西洋風でハイカラな空間であるが、これは海軍の軍港が明治にもたらしたものである。
 その倉庫群のなかのひとつに赤煉瓦博物館がある。小さいけれども大変 ユニーク な博物館である。 何よりも「煉瓦」を通して世界をみるという発想がいい。世界の歴史、地理を一片の煉瓦から想像させるところがいい。文化の香り、意味、価値を自然に身につけさせる教育的効果も大きいと私は思う。
 ところで、この赤煉瓦博物館は神崎にあるホフマン窯から造り出された赤煉瓦で集積された建築物である。そのホフマン窯が消滅するかもしれぬという。これは由々しき問題である。
 日本には四基しかないというこのホフマン窯は歴史的な文化遺産である。文化遺産は一度こわしてしまえば、元に戻することは絶対に出来ない。舞鶴市のシンボルとなっている赤煉瓦の基点であるホフマン窯を何としても保存しても保存して行きたいというのは文化意識をもっ
た市民としては当然のことである。文化意識の強さが問われていると言えよう。舞鶴市の文化財に強い関心を持つ私としては、この赤煉瓦保存運動に熱烈なるエールを送るものであります。
  佐谷画廊  まいづる大使  佐谷和彦

 大切な過去の遺産は未来へ継承する責任を私達はもっていると思います。今回の件は歴史の一つの点として残さなければならないと思います。
 出来る限り応援をしたいです、頑ばって下さいませ。
  野間 光輸子

一、ぜひ残して欲しい。
一、公園として活用する。
一、資金は舞鶴市と舞鶴市民の寄付、舞鶴市民以外の寄付でまかなうという案はどうでしょうか。
  都窯業(株) 河原 輝雄

その後どういうふうになったかわかりませんが、私も是非こういうものが残ってくれることを祈っております。また文化財であっても規制がなくこのようになることは、立場の違いこそあれ、大変残念だと思いますが、今は市民の声などで大きく変えることも可能な時代です(環境などはまさにそうですね。最近など環境MLなどでそういう話題が展開されたりして、予定が変わったりすることもで出てきています。これも環境ではないとしても、なにかそういう関連も投げかけてもいいかもしれません)。ただこれは相手が行政でなく、企業の理念もあり、社会貢献を考えて欲しい、というだけでは片づけられないものもあり、決して平坦なものではないかもしれませんが、やはりこれは地元の人たちの意識が最終的にはものを言うと思いますので、頑張って欲しいと思います。
  町田市 砂村 佳保

 貴重な神崎ホフマン窯が保存されますよう願っております。
 単に地域にとって貴重なばかりでなく、日本の貴重な歴史的資産だと思います。
  茨城県つくば市 井口百合香