舞鶴倉庫株倉庫 舞鶴倉庫株倉庫
舞鶴倉庫椛q庫 舞鶴倉庫椛q庫
舞鶴倉庫株倉庫 海上自衛隊倉庫
舞鶴倉庫椛q庫 海上自衛隊倉庫

 軍需部本部地区の変遷としては、舞鶴鎮守府の開庁当初は、現在ある赤れんが博物館(魚形水雷庫)から文庫山の東側までは海軍兵器廠、文庫山西側は海軍需品庫、その先は経理部衣糧科衣糧庫、文庫山は海軍測器庫であった。明治36年海軍工廠が発足すると、海軍兵器廠は工廠の造兵部武庫(同42年から兵器庫と改称)へ、海軍需品庫も同じく海軍工廠に統合される。大正12年軍需部令の施行により、海軍測器庫を除きこの一帯は軍需部本部地区となった。
 この赤煉瓦倉庫群は、舞鶴鎮守府の軍需品等保管倉庫として明治33年臨時海軍建築部支部(舞鶴)の直営工事で建設に着手され、大正10年までに次々と建てられたものである。明治33年(1900)に海軍測器庫の建物、続いて同34年に衣糧庫の被服庫2棟が建てられ、同35年は需品庫3棟と兵器廠の砲銃庫3棟が、また、同36年には魚形水雷庫と水雷庫の各1棟が建てられた。その後、大正期の軍縮が検討されている時期に、第三水雷庫(大正7年)、需品庫(大正8年)及び被服庫(大正10年)の3棟が建てられている。
 明治37年に軍港引込線が開通し、現存する自衛隊所有の3棟を除くすべてが倉庫内まで線路をを引き込み、昭和47年に中舞鶴線が廃線となるまで線路は残り、当時の様子を偲ばせていた。 舞鶴軍港の草々期に建てられたものは、大正時代に建てられた倉庫と比べ外観に意匠的な工夫が凝らされていて、急ピッチで進められた工事である。
 現存する煉瓦造2階建11棟、鉄骨煉瓦造2階建1棟のうち前者10棟は倉庫として現役で活躍し、他の2棟は新たに「赤れんが博物館」「市政記念館」として活用されている。

北吸煉瓦倉庫群の配置図です。少し重いです。

番号  名   称  建築年  構   造  所有者(使用者)
@ 魚形水雷庫
(掃海庫)
明治36年 鉄骨煉瓦造2階建 舞鶴市
舞鶴市立赤れんが博物館
A 雑品庫並損兵器庫
(第三砲銃庫)
明治35年 煉瓦造2階建 舞鶴市
舞鶴市政記念館
B 弾薬庫並小銃庫
(第二砲銃庫)
明治35年 煉瓦造2階建 舞鶴倉庫株式会社
C 予備艦兵器庫
(第一砲銃庫)
明治35年 煉瓦造2階建 舞鶴倉庫株式会社
D 第三水雷庫
(第三水雷庫)
大正7年 煉瓦造2階建 舞鶴倉庫株式会社
E 需品庫
(第二水雷庫)
明治35年 煉瓦造2階建 近畿財務局
(舞鶴倉庫株式会社)
F 需品庫
(第一水雷庫)
明治35年 煉瓦造2階建 近畿財務局
(舞鶴倉庫株式会社)
G 需品庫
電機庫)
明治35年 煉瓦造2階建 近畿財務局
(舞鶴倉庫株式会社)
H 第一需品庫
(第二電機庫)
大正8年 煉瓦造2階建 海上自衛隊
I 被服庫
(第六需品庫)
明治34年 煉瓦造2階建 海上自衛隊
J 被服庫
(第五需品庫)
明治34年 煉瓦造2階建 海上自衛隊
K 第三被服庫
(第四需品庫)
大正10年 煉瓦造2階建 海上自衛隊
名称は建設当初又は近いもの(昭和20年終戦時)