近代日本で本格的に海軍が整備されはじめたのは、明治10年代になってからである。朝鮮の領有をめぐって日本と清国との対立が深まり、海軍力の整備は緊急の課題となっていた。明治19年(1886年)には、対清戦争の拠点として、横須賀、呉、佐世保の各軍港施設が決定し、同22年には対ロシア戦略上の拠点として日本海側の舞鶴に鎮守府を設けることが決まった。舞鶴湾は湾口が狭く、防御に適しており、湾内は波静かで多くの艦船が停泊できるなど軍港としては格好の地形であった。
 なお同29年5月、舞鶴鎮守府の建設着工にあたって東京に臨時海軍建築部、舞鶴に臨時海軍建築支部が設置され、その主力は舞鶴にあった。しかし、二軍港(呉、佐世保)の整備が優先され、舞鶴の軍港建設費用には日清戦争によって清国から支払われた賠償金があてられた。
 敷地開削工事には莫大な費用と手数を要したが、明治32年の暮れには、土地造成工事がほぼ出来上がった。これに並行して鎮守府諸施設の工事が始まり、数百件の工事が進められた。こうして明治34年(1901)10月1日に舞鶴鎮守府が開庁、初代司令長官は当時海軍中将であった東郷平八郎である。後に日露戦争の勝敗を決した日本海海戦において、連合艦隊司令長官として指揮をとった名将である。
 以後舞鶴は昭和20年(1945)の終戦まで海軍のまちとして特異な発展をみせる。

 事     項
明治20  舞鶴港を第四海軍区鎮守府に内定。
22  第四海軍区鎮守府を舞鶴に決定。
27  日清戦争はじまる。
29  臨時海軍建築部を東京、同支部を舞鶴に置く。
30  舞鶴軍港建設工事起工鍬入れ
30  舞鶴要塞砲兵大隊業務開始、砲台築造に着手。
33  軍用水道桂貯水池完成。
34  舞鶴鎮守府開庁。
34  軍港水道北吸浄水場完成・給水開始。
34  海軍工廠の前身である兵器廠、造船廠発足。
36  舞鶴海軍工廠発足。
37  日露戦争はじまる。
37  官設鉄道舞鶴線(福知山〜新舞鶴)開通。
40  舞鶴要塞砲兵大隊、舞鶴重砲兵大隊と、改称。
大正 3  第一次世界大戦はじまる。
 第一次世界大戦終わる。
12  ワシントン軍縮条約により舞鶴鎮守府は要港部に、海軍工廠は工作部に格下げ。
12  関東大震災が起こる。
14  海軍機関学校が江田島から移転。
昭和 4  海軍火薬廠爆薬部、長浜に移転開始。
 海軍機関学校校舎新築工事完成。
 満州事変起こる。
11  舞鶴重砲兵大隊、舞鶴重砲兵連隊へ昇格。
11  要港部工作部、海軍工廠に昇格。
12  日中戦争はじまる。
14  第二次世界大戦はじまる。
14  舞鶴鎮守府復活。
15  舞鶴重砲兵連隊、中部軍創設により中部第71部隊と呼称。
16  海軍火薬廠爆薬部、第三海軍火薬廠と改称。朝来地区に移転開始。
18  海軍工廠、倉谷に第二造兵部を設置。
18  舞鶴市・東舞鶴市合併し、舞鶴市制を施行
19  海軍機関学校、海軍兵学校分校となる
20  終戦。