日立造船工場建物 日立造船工場建物
日立造船工場建物 日立造船工場建物

 明治30年(1897)10月に海軍造船廠条例の施行により、各軍港に造船廠が設置されることとなった。同年、舞鶴でも軍港敷地の開削が始められ、鎮守府開庁時には庁舎と造船の木工場、船具工場が完成しているだけであったが、同34年(1901)11月舞鶴造船廠は発足、整備がはじまり、主要な建物は、同35年から36年にかけて完成した。
 明治35年には造船科の端舟場、鋸鉋工場、製図場、撓鉄工場、鍛冶場、造船機械工場、火薬庫、船具工場、船渠工場、亜鉛鍍場が完成。同36年には造機科の機械工場、組立工場、製缶工場、 鋳造工場、模型工場、兵器工場が建設された。
 造船廠・兵器廠は同36年11月に海軍工廠条例により、海軍工廠となった。開設当初は艦艇の補修を目的としていたが、その後駆逐艦、水雷艇などの小型艦艇建造と水中兵器を特色とする工廠として発達した。第二次世界大戦の終結を間近にした昭和20年7月29日から30日にかけて、当地においては最大の空襲に見舞われて工廠は損害を被った。海軍工廠は、終戦後の昭和21年4月1日、飯野産業株式会社舞鶴造船所として再スタートし、その後幾多の変遷を経て、同46年には日立造船株式会社と合併し、同社舞鶴工場として新発足し、以来現在に至っている。
 同工場の敷地内には全部で24棟の煉瓦造建物と2つの煉瓦造構築物があり、その建物のうちイギリス積みが16棟、フランス積みが8棟ある。いずれも、工場や倉庫として現在も使用されている。