今再び開発か保存か 第一勧業銀行京都支店取り壊し計画     矢谷明也      


 第一勧業銀行京都支店の取り壊しが進められている。この建物は1906年(明治39年)に第一銀行京都支店として建築された煉瓦造2階建ての建物で、明治期の代表的な建築家である辰野金吾が設計したものである。辰野式とまで呼ばれる石と煉瓦の組み合わせのデザインはゴシック様式で、煉瓦造建物として京都に残る数少ない近代建築物の代表的なものとされている。
 古都・京都というイメージと煉瓦造ではかけ離れたような話なのかもしれないが、実は京都内には東京や大阪にない煉瓦造建築が、質のよい状態で多く現存していて、日本でも貴重な煉瓦文化都市である。特に三条通りを富小路通りから西側烏丸通りへの間に、近代化遺産として注目される煉瓦建造物が集中して現存しているのは、京都というところが戦災の大きな被害も、地震による災害にも免れてきたという大きな理由のためである。
 日本においては、煉瓦建築は濃尾地震、関東大震災をはじめとする数々の震災でその姿の大部分を消失してしまったため、今や日本でもこれだけの質のよい煉瓦造建築が集中している都市景観は少ない。かつて中京郵便局も全面撤去後の建て替え計画が出された時、京都のみならず全国からの保存要望によって社会問題となり、外壁部分だけを保存して内部を新築するという当時としては画期的な決着をみた。建築の保存・再生を考察する上で技術論だけではなく、市民運動としても大きな足跡を残し、近代化遺産の保存方法の手本となっている。しかし、最近では同志社静和館取り壊しで、再び煉瓦造建築の保存論争が起きたが、結果としては名建築を残すことはできなかったという苦い経験をしている。
 文化庁が今年度から2カ年の予定で京都府の近代化遺産の調査に着手したばかりであったため、今回の取り壊し計画はその矢先のニュースに驚きを隠せない思いがする。古都・京都には対象となる遺産は数多く存在し、第一勧業銀行京都支店などはまさにその筆頭的存在である。
 建て替えという行為は文化財の破壊であることを今更言うのがもどかしい思いもするが、壊すことによって新たに創造される建築物が文化となることは確かである。破壊そのものも、開発も、保存するとはかけ離れたようで文化という枠組みの中に共存しているといえる。建物を生き長らえさせるには確かに現代の生活に沿ったものへの改造は必要であろう。腫れ物にさわるな的に保存するなら、従来の何人も立ち入るべからずといった、国宝のように保存する方法でしかなくなる。それでは建物が生き長らえているとはいえないであろう。
 今回の取り壊し計画が単に今日的な事務に支障があるためということであるが、ほんとうに事務に支障があるのかという論議が十分されたのであろうか。「これじゃぁ、使えねえな」という一言で片付けられてしまったのではないかと勘ぐりたくもなるものである。こうした話にはいつも建築界と建物所有者だけの問題として取り上げられ、本来それに関わっているはずの多くの人々の対応は何も触れられていない。近代化遺産を守ろうとするこうした話は建築界にしか起こらないのではいつもの繰り返しである。新しければいいということで、安易に取り壊すという方法はもう時代錯誤であることを気づいて欲しい。リサイクルはものだけではなく建物も都市も全てがリサイクルする時代がきている。
 日本の文化を存続させるためには、全ての人々の意識付けからもう一度始めなければならないことを今一度言わねばならないほど、京都という街は自分を見失ってしまったのであろうか。今まで建て替えず建物を使ってきた建物を何故今ではいけないのかという思いに、当事者たちがここへ来て取り壊す理由が何なのか、敢えて問いただしたくなる衝動にかられる。
 こうした近代化遺産の建築保存問題として必ず開発と保存の論議が起こる。文化財登録制度施行以来、近代化遺産保存の動きは、各地で顕著にその成果が見られる傾向であり、しかもその範囲は拡大されつつあるが、一方ではこうした取り壊し計画も進められ、近代化建築遺産が常に破壊の憂き目に遭いつつあるのはそんな理解がなされていないことの現れなのかもしれない。我々の生活環境は、近代化遺産によって支えられている。保存だけを中心にして考えたのでは、現代の利便性を追求する生活形態に合わない範囲にまで拡張されているのは明らかであるが、この論理を保存を中心に据えたまま延長するだけであれば、保存論者として一方的な毒舌論と受け取られてもしかたがないのかもしれないし、現代の日本の様々な状況下において、こうした保存論の展開は、リアリティを欠くと批判されるのかもしれない。しかし、建築を未来永劫にわたって使用することへの試みは、単に建築一般の寿命と使用形態の問題への展開ではなく、これは近代化という時代背景をもつ建築を保存していくことと矛盾しないばかりか、その目指すところとほぼ一致しているのである。共存の方法はいくらでもある。互いに矛盾するように見える両極端の手法を、新しい都市活動と古い歴史的な価値を一つの場所に馴染ませ共存させる方法、そこに新たな文化を創り出すこと、その論議する時間を惜しんではいけない。現代の豊かな生活を実現しながら、未来へ誇れる遺産を継承することは、つまり歴史とは時代ごとの文化の積み重ねであって、単なる過去の継承ではない。
 ホテル、駅、橋の景観論争といい、今回の近代化遺産の取り壊し計画といい、京都は常に我々に考える機会を与え続けてくれる目を離せない街である。


HOME