“赤煉瓦サマー・ジャズin舞鶴2002”出演者プロフィール

8月3日(土)PM6:30〜

一部

ギャオ(全国一般公募優秀賞ユニット)
清水リカ(リーダー・as)/総勢16名の全員女性のビッグバンド。
■全国から出演ユニットを一般公募し、プロミュージシャンの審査により選考した優秀賞ユニット。GYAO(ギャオ)は2001年6月結成。バークリー出身の清水リカを中心に、音大出身インストラクターらが終結した京都で生まれた全員女性のビッグバンド。NHK、KBS京都等の番組に出演、京都ラグ、神戸サテンドール等で活躍中。

二部
ケイ赤城トリオ  
ケイ赤城(p)/杉本智和(b)/本田珠也(ds)
ケイ 赤城(けい あかぎ) ピアノ、コンポーザー、アレンジャー
 1953年仙台生まれ。4歳から12歳まで家族とともにオハイオ州クリーブランドで過ごす。5歳からピアノを習い、音楽学校でピアノ、理論、音楽史を学ぶ。帰国後、東京の国際基督教大学に入学し、哲学と作曲学を学ぶ。卒業後渡米、カリフォルニア大学サンタ・バーバラで哲学科博士課程を専攻する。勉学の一方、大学のジャズバンドの作曲をしたり、ピアニストとしてブルー・ミッチェル、アート・ペッパーのバンドで活動する。25歳の時、大学教授を目指していた道をやめ、プロミュージシャンとして歩き始める。1979年にはアイアート・モレイラ&フローラ・プリムのグループに参加、その後1989年にはマイルス・デイビスのグループに入り1991年までレギュラーメンバーとして活動する。現在は、ロス・アンゼルスに在住し、自己のグループをはじめ、ビアニスト、作曲家、アレンジャーとして幅広く活動する一方、カリフォルニア大学(アーバイン校)の音楽教授として理論、実技を教えている。
杉本 智和(すぎもと ともかず) ベース
 1968年船橋市生まれ。高校卒業後、アメリカのBerklee College of Musicに留学。卒業後ニューヨークに渡り、様々なセッションを重ねる。帰国後の95年、後のKAIMAの母体となる岡ばんどに参加。そして、大坂昌彦、大西順子、秋山一将、東原力哉、綾戸智絵等と共演する傍ら、Monday満ちる、Calm、Kyoto Jazz Massive等とのライブまたはレコーディングに参加する一方、KAIMA、菊池雅章、ケイ赤城などのライブ、レコーディングに参加して活動している。
本田 珠也(ほんだ たまや) ドラムス
 1969年東京生まれ。小学6年の時に独学でドラムを始め、'82年、12歳の時、父本田竹広率いる“ネイティブ・サン”が「斑尾ジャズフェスティバル」に出演した際、飛び入りで参加したのが初舞台となる。その後、辛島文雄、大西順子、渡辺香津美、渡辺貞夫等と共演。'97年、“本田珠也PLANET X”を結成し、2000年3月に東芝EMIより初リーダーアルバム「PLANET X」をリリース。現在、本田珠也5の他、辛島文雄、鈴木勲、五十嵐一生等のグループでも精力的に活動している。舞鶴JFには96年に渡辺香津美Gで出演して以来、2度目の登場。

三部
小林陽一&グッドフェローズ with 仲宗根かほる
小林陽一(ds)/岡崎好朗(tp)/太田剣(as)/紅野智彦(p)/高梨道生(b)
/仲宗根かほる(vo)
小林 陽一(こばやし よういち) ドラムス
 1953年秋田市生まれ。尚美音楽院卒。82年初渡米、NYで3年間ストリートミュ―ジシャンとしてV,Herring、Ph,Harper等と修業をつむ。89年再渡米、L ,Hampton、M,Gross等のバンドで活動。92年帰国と共に「GOOD FELLAS」を発表。SJ誌ゴールドディスクを獲得。以降、現在まで14枚アルバムを発表。98年、2000年と2回のNY公演を成功させた。本年度、SJ誌人気投票コンボ部門5位に入る。25周年を迎えるGFはまさに日本のジャズメッセンジャーズに近づいている。
岡崎 好朗(おかざき よしろう) トランペット
 71年東京生まれ。91年バークリー音楽院に留学。94年帰国後、中村誠一、大西順子等のバンドで活躍。95年にはグッドフェローズに入団。CD『ジャズバトルロイアル』『The Sextet』『ファンキーオール』『オリエンタル』『ハートビート』に参加。99年日野元彦氏の遺作『Tic Tac』に抜擢され更にその実力を認められ若手No3に入る。まさにサラブレットプレーヤー。舞鶴JFには97年(日野元彦G)、99年(多田誠司G)以来の三度目の出演。
太田 剣(おおた けん) アルトサックス
 70年愛知県生まれ。早稲田大学卒、Vincent Herring、Kenny Garrettに師事。現在、大坂昌彦グループ、Tommy Campbellのバンドで活躍。最近では、ジャズ界の新生スターTOKUとコンビを組んでバリトンサックスにも挑戦している。98年CD「ジャズ新鮮組」の看板プレイヤーとして注目されて以来、人気実力とも急成長し続けている。
紅野 智彦(こうの としひこ) ピアノ
 71年東京生まれ。大学在学中、ジャズピアノを独学で始める。大学中退後、一旦就職するが、3年後にプロとして活動を始める。現在、中村誠一バンド、山口友也等のグループでも活躍中。GFには2000年4月に入団。ウイントンケリー、ケニーカークランドと新旧を好む期待の新人。
高梨 道生(たかなし みちお) ベース
 55年東京生まれ。日本大学芸術学部卒。RCサクセションでデビュー。NYでロンカーター直系の中村照夫氏に師事。96年NYバードランドに出演。現在、Tommy Campbell、Mike Price、ミッキーカーチス等のグループでも活躍。強力なビートに定評がある。
仲宗根 かほる(なかそね かほる) ボーカル
 キュート系ボーカルを代表する若手シンガー。1972年沖縄宮古島に生まれる。1987年、中学卒業後にジャズ・ボーカリストを志して単身上京。ジャズバンドのローディーなどの下積みを重ねながら、独学で楽理、歌唱を学ぶ。18才でプロデビューを果たし、都内のライブハウスで活動するようになる。97年にはインディーズ・レーベルのCABレコードから「ア・タイム・フォー・スイングvol.1」「同vol.2」をリリースして注目を集めた。2000年4月にはエム・アンド・アイ・カンパニーへの移籍第一作「フレグランス」でメジャー・デビューを果たす。2001年4月には「パパはマンボがお好き」をリリース。ここ数年、スティシー・ケント(イギリス)、ジャネット・サイデル(オーストラリア)らの活躍で再認識されているキュート系ジャズボーカリストの一人として脚光を浴びている。本年5月には、ジャズ専門誌スイングジャーナルでCD「タブー」が「ゴールドディスク」に選ばれた。

8月4日(日) PM6:30〜

一部 
ハニー・ビー(全国一般公募優秀賞ユニット)
箭原 顕(やはら けん)(vo)/松田宮佳(vo)/箭原瑞穂(vo)
■全国から出演ユニットを一般公募し、審査により選考した優秀賞ユニット。
HONEY VEE(ハニー・ビー)は、北海道札幌市を中心に活躍する3ボーカルのグループ。ぜひ、広く、多くの人に聴いて欲しいと、昨年に続き応募し念願がかなった。

2部&3部 
北野タダオ&アロージャズオーケストラwith 越智順子
北野タダオ(リーダー・p)/ds,b,g  各一名 /ts,as,bs  5名  
/tp 4名  /tb 4名  /越智順子(vo)       /合計 18名
北野タダオ&アロージャズオーケストラ
 1958年に大阪・梅田の当時最高級のナイトクラブ「クラブアロー」の専属バンドとして誕生。1998年6月で結成40周年を迎えた。1995年4月から、我が国ジャズ界では初の試みである、年に5〜6回の「定期演奏会」を主催。96年10月には「第12回定期演奏会」がジャズの団体では初めて“文化庁・平成8年度芸術祭参加公演”として、また97年から定期演奏会が“文化庁・日本芸術振興助成事業”の対象として認められた。1998年5月には、リーダー・北野タダオが大阪府知事表彰を受賞。現在、その音楽に取り組む姿勢に対しての各界の評価は高く、関西を代表するアーチストとして活動を展開中である。レパートリーはスタンダードジャズ・映画音楽・ダンス音楽を含め2,000曲を超える。2001年4月、アルバム「カラー・オブ・ザ・モーメント」をリリース。
北野 タダオ(きたの ただお) リーダー・ピアノ
1934年和歌山県生まれ。関西学院大学在学中より、ジャズピアニストとして関西を起点に全国的に活躍。自己のオーケストラ「北野タダオ&アロージャズオーケストラ」を1958年に結成。好きなミュージシャンはデュークエリントン。緻密なコードワーク、調和の取れたアンサンブル、美しいハーモニーはアレンジャーとして彼が最も大切にしている音楽要素で、ピアニストとしても彼の手の大きさゆえに生まれるハーモニーは、独自のサウンドとして高く評価されている。2001年11月、大阪市・市民表彰(文化功労)受賞。
越智 順子(おち じゅんこ) ボーカル
 高知県生まれ。日本人離れした声量と抜群の歌唱力を持ち、現在、最も今後の飛躍が期待されているジャズ・ポピュラーシンガー。懐かしのビートルズ、カーペンターズのヒット曲から、ビリー・ジョエルのポピュラーナンバー、ロバータ・フラック、ホイットニー・ヒューストンなどのソウルフルなヒット曲まで幅広く歌いこなす。曲の合間には気取りのない楽しいお喋りを交え、男性・女性の区別なく幅広く楽しんでもらえるステージが好評で、その歌唱力も相まってコンサートを一層盛り上げ、リスナーを華やかな世界へ導いてくれる。99年には初のアルバム「イクスポージャー」、2001年には第二弾アルバム「ジェシー」をリリース。現在大絶賛発売中。

司会者  福井 圭子 (ふくい けいこ)
 東京音大付属高校ピアノ科卒業。東京声専音楽学校教員養成科卒業。東京アナウンサーアカデミーDJ科卒業。ニッポン放送「オールナイト・ニッポン」DJ大会でパーソナリティー賞受賞後、TBS契約アナウンサーとなり「福井圭子のピアノジョッキー」が3年間放送された。TBSラジオ「ヴギーズクラブ」レギュラー出演。以降各局のラジオ番組に出演。1993〜94年ラジオ日本「青春讃歌・圭子のハローアゲイン」でDJとして活躍。1999年スエーデン大使館主催「ストリンド・ベリー生誕150年記念借金泥棒」で主役テクラを演じ、女優としての評価を確立した。