宮津線
 山陰線の起点となる予定の舞鶴と豊岡の間は、山陰線の一部として計画されていたが、山陰線の路線に変更があったため、舞鶴豊岡間は大正末期まで着工されなかった。
 峰山線(舞鶴〜峰山間)のうち、舞鶴〜宮津間は大正10年(1921)に着工し、同13年4月から営業を開始。その後明治時代から期待されてきた舞鶴〜豊岡間は、昭和7年(1932)に全通し宮津線と呼ぶようになった。

KTR宮津線由良川橋梁
(旧国鉄峰山線由良川橋梁)
 所在地 西神崎・由良
 構 造 コンクリート+石造(橋脚)
 建築年 大正13年
由良川橋梁架桁工事 操重車による架桁


小浜線
 明治37年に阪鶴鉄道が開通するとともに、舞鶴と敦賀間の敦鶴(とんかく)線(後の小浜線)の早期完成が待たれた。
 そして、小浜線の着工は大正4年に敦賀側から始まり、大正11年(1922)に若狭高浜と新舞鶴が開通し、小浜線は北陸線と舞鶴線を結んでつながった。

JR小浜線松尾寺駅本屋
(旧国鉄小浜線松尾寺停車場)
 所在地 吉坂無番地
 構 造 木造平家建
 建築年 大正11年
JR小浜線吉坂トンネル
(旧国鉄小浜線吉坂隧道)
 所在地 吉坂
 構 造 コンクリート+コンクリートブロック造
 建築年 大正11年

舞鶴の近代化遺産INDEX