(左)旧舞鶴海軍兵器廠水雷庫
    所在地 浜
    構 造 鉄骨れんが造2階建
    建築年代 明治36年
(右)旧舞鶴海軍兵器廠大砲庫
    所在地 北吸
    構 造 鉄骨造平家建一部2階建
    建築年代 明治36年
 水雷庫と大砲庫は、赤れんが博物館建物(魚形水雷庫)と同時に建てられた鉄骨構造の倉庫で、水雷庫は昭和40年代後半に、大砲庫は東体育館のトレーニング場として使用されていたが平成4年に取り壊された。
旧舞鶴水雷団二号水雷庫
 所在地 浜
 構 造 れんが造平家建一部鉄骨れんが造平家建
 建築年代 明治34年 
 明治33年(1900)、鎮守府の開庁に先立ち舞鶴水雷団が設置され、二号水雷庫は格納庫等として建てられた。昭和62年前島埠頭の埋め立て工事により、取り壊された。


旧道芝トンネル
 所在地 北吸、余部上
 構 造 れんが造
 建築年代 明治35年
 旧道芝トンネルは、鎮守府を中心とした市街地道路整備のため、京都府が3年がかりで掘り、明治35年(1902)に開通させたもので、当時軍の施設内を通行できなかった市民にとって、東西を結ぶ唯一の幹線道路であった。
 しかし、老朽化や通行量の増加により、平成6年の拡張工事によって取り壊された。
高野川可動橋(旧国鉄舞鶴港線住吉鉄橋)
所在地 魚屋、松陰
 構 造 鉄骨造
 建築年代 昭和10年代
 西港に注ぐ高野川河口にあった高野川可動橋は、旧海軍が軍需物資の輸送を目的に、昭和10年代(国鉄清算事業団福知山鉄道管理局の台帳では昭和19年3月)に、古い橋の材料を転用して架設されたものである。
 戦後は、旧国鉄に引き継がれ、木材や石炭などの運搬を支えていた。
 全長は約42mで、橋げたの中央部分(長さ約14m)を上下させて船を航行させる仕組みで、全国でも数少ない鉄道橋であったが、平成3年に解体撤去された。

舞鶴の近代化遺産INDEX