日立造船兜葬゚工場(旧舞鶴海軍工廠)
 明治30年(1897)10月に海軍造船廠条例の施行により、各軍港に造船廠が設置されることとなった。同年、舞鶴でも軍港敷地の開削が始められ、鎮守府開庁時には庁舎などが完成しているだけであったが、同34年(1901)11月舞鶴造船廠は発足、主要な建物は、同35年から36年にかけて完成した。
 造船廠・兵器廠は同36年11月に海軍工廠条例により、海軍工廠となった。開設当初は艦艇の補修を目的としていたが、その後駆逐艦、水雷艇などの小型艦艇建造と水中兵器を特色とする工廠として発達した。
 海軍工廠は、終戦後の昭和21年(1946)4月1日、飯野産業株式会社舞鶴造船所として再スタートし、その後幾多の変遷を経て、同46年(1971)には日立造船株式会社と合併し、同社舞鶴工場として新発足し、以来現在に至っている。同工場の敷地内には数多くの近代化遺産が残っており、いずれも、工場や倉庫等として現役で使用されている。

日立造船兜葬゚工場第一機械工場
(旧舞鶴海軍工廠機械工場及び組立工場)
 所在地  余部下1180
 構 造  鉄骨れんが造平家建一部2階建
 建築年代 明治36年

(右)
日立造船兜葬゚工場第1HMW工場、第2HMW工場
(旧舞鶴海軍工廠鋳造工場第一鋳造場)
 所在地  余部下1180
 構 造  鉄骨れんが造平家建
 建築年代 大正9年
(左)
日立造船兜葬゚工場メカトロ工場、機装工場
(旧舞鶴海軍工廠鋳造工場第二鋳造場)
 所在地  余部下1180
 構 造  鉄骨れんが造平家建一部2階建
 建築年代 大正11年
日立造船兜葬゚工場第三陸機工場
(旧舞鶴海軍工廠第二製缶場)
 所在地  余部下1180
 構 造  鉄骨れんが造平家建一部2階建
 建築年代 大正9年
(右)
日立造船兜葬゚工場第三陸機工場
(旧舞鶴海軍工廠第一製缶場)
 所在地  余部下1180
 構 造  鉄骨れんが造平家建
 建築年代 明治36年
(左)
日立造船兜葬゚工場第二機械工場
(旧舞鶴海軍工廠外業工場)
 所在地  余部下1180
 構 造  鉄骨れんが造平家建一部2階建
 建築年代 明治36年
日立造船兜葬゚工場第2電気工場
(旧舞鶴海軍工廠発電場)
 所在地  余部下1180
 構 造  鉄骨れんが造、れんが造平家建一部2、3階建
 建築年代 明治39年

舞鶴の近代化遺産INDEX