文化庁では平成に入ってから、文化財の建造物の中で寺院建築や城郭、民家、近代建築などと並ぶものとして、近代化遺産という新しい分類を設けています。今回は、近代化遺産とはどういうものなのか、舞鶴にはどのような残っているのか探ってみました。
近代化遺産?
 近代化遺産は、幕末から戦前までに近代化手法によって造られた建造物〜近代化の発展に大きくかかわりをもったものや近代技術を用いて造られた構築物、工作物〜で、産業・交通・土木に関わるものとされています。
 具体的には、
◎造船所や鉱山、製鉄所、製糸工場、れんが製造工場、ビールやワインの醸造工場等の産業関係
◎駅舎、機関庫、橋梁、トンネル、軌道等の鉄道施設、道路橋、灯台、船舶などの交通関係
◎護岸や埠頭、防波堤などの港湾施設、灌漑用水、運河、ダム、発電所施設、上下水道施設
などの土木関係の建造物・工作物です。
 このほか、これらの施設に関わりのあった設備、機械、家具、備品類や機関車、車両、自動車なども含むとなっています。
 こうした分類がつくりだされた背景には、江戸時代までのものに関しては、幅広く保存保護されていますが、近代化遺産と呼ばれている産業施設や交通施設などは、産業構造の変革や自然災害、開発等により、取り壊しが猛烈に進んでいる状況です。このまま放置すれば、日本の科学技術を築いた記録、近代化の記録が、単なる写真とか文字でしか残らず、この時代を物語る文化遺産は失われてしまうだろうと懸念されたからです。
碓氷峠第三橋梁の写真
群馬県松井田町碓氷峠第三橋梁 
平成5年近代化遺産として全国で初めて国の重要文化財に指定されました。
生活空間に息づく文化財
  次に近代化遺産の特質に若干触れてみたいと思います。文化財の指定は、意匠的に優秀なもの、技術的に優秀なもの、歴史的価値が高いといったものが一般的ですが、地方的特色が顕著なものというものも基準の一つになります。まさに、この近代化遺産はこの部類に属するものが多く、ある意味で、地域のシンボル、ランドマークになりうるものです。
 また、近代化遺産は、身近な生活に息づいたものが多いようです。今までの文化財は、どちらかというと、宗教関係の施設などが多く、人が住むというよりは、床の間に飾っておくようなものだったと思います。近代化遺産にはそういったものがほとんどなく、実際に使っていて工場として動いているようなものが多いわけです。
 ですから、近代化遺産を保存していく場合には、これまでの文化財は指定して大事に保っていけばよかったのですが、実際に使ったりしているものも多く、積極的な再利用などが望まれるものも少なくありません。そして、こうした近代化遺産を守っていくため、平成8年に規制の緩やかな文化財登録制度も生まれています。 神崎にあるホフマン窯は昨年この制度により、文部大臣によって文化財登録原簿に登録されました。
神崎煉瓦ホフマン輪窯の写真
神崎煉瓦ホフマン輪窯
舞鶴の近代化遺産
 文化庁では、近代化遺産の調査を1990年度から実施しており、秋田県と群馬県をかわきりに、毎年数県で取り組んでいます。現在京都府では2ヵ年わたりこの調査を行っており、右表(HPでは省略)がこの京都府近代化遺産総合調査調査対象物件分類表ですが、多種多様な建造物がこの対象となっています。
 府内では、近代化に重要な役割を果した琵琶湖疎水施設をはじめ、紡績、学校、商業施設など京都市を中心に特色ある近代化遺産が拾い上げられると考えられますが、舞鶴の軍事関連係施設は、その数と質から際立った施設群となるでしょう。
舞鶴の主要な近代化遺産
桂貯水池の写真 由良川鉄橋の写真
桂貯水池(重要文化財に最も近い) 由良川鉄橋(土木遺産の権威が見に来た)
東郷邸の写真 岡田橋の写真
東郷邸(明治村に持って帰りたいと言われた) 岡田橋(既に京都府指定文化財)
建部山保塁砲台の写真 東山地下壕の写真
建部山保塁砲台(海軍だけでなく陸軍もある) 東山地下壕(昔ディスコになりそこねた)
平野屋のお風呂屋さんの写真 日立造船兜葬゚工場の写真
平野屋のお風呂屋さん  
(病院や住宅、商店等は未だ調査ならず) 
日立造船兜葬゚工場(ここは宝の山)

  HOME